ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカードnoimage

年会費:22,000円(税抜)
国内旅行傷害保険・・・最高 1億円
海外旅行傷害保険・・・最高 1億円
入会目安:27歳以上

公式サイト:
https://www.diners.co.jp/ja/

おすすめポイント!

ダイナースクラブは、1950年にアメリカで設立された後、規模を全世界に拡大し、
圧倒的な知名度とそのステータスは、誰しもが憧れる最強レベルのクレジットカードの1つです。

日本においてのダイナースクラブカード事業は、Citi group傘下のシティカードジャパン株式会社が行なっています。

以下に特徴的なおすすめポイントを挙げます。

・利用可能額に一律の制限なし
・国内海外450ヵ所以上の空港ラウンジを無料利用可能
・最高水準の付帯保険(国内&海外)
・グルメを中心とした多彩な優待サービス(ハイクオリティ)

まず、ダイナースクラブカードの最大の特徴として挙げられる点は、利用金額に一律の制限がないという部分です。

つまり、基本的には限度額がないということになります。このことから、高額商品の支払いや、出費が立て続けに重なるような状況下で、非常に頼もしいカードになります。

次に空港ラウンジですが、国内の主要空港+海外でも幅広く(アジア・北アメリカ・南アメリカ・ヨーロッパ・アフリカ・オセアニア)利用可能です。

通常国内主要空港は使えても、海外ではハワイや韓国しか利用できないということが多い中、ダイナースクラブカードはプライオリティ・パスに登録しなくとも、非常に多くの国で空港ラウンジを無料利用出来ます。

もちろん、これにプラスしてプライオリティ・パス登録可能カードを所有していれば、ほぼ完璧となります。

また、付帯保険は最高水準レベルです。国内・海外旅行傷害保険は最高1億円。ショッピング保険は国内海外、年間500万円まで補償されます。(ショッピング・リカバリー)

グルメの優待サービスはとても充実しています。通常では予約困難な高級料亭の予約を代わって予約してくれるプランや、豊富なジャンルのレストランにて最大20%キャッシュバックなど多彩にございます。

この他にもシティカードジャパンのプラチナなどで利用できるサービスも同様にございます。

条件付き(シティカードトラベルデスクにて1回の購入金額が50万円以上の海外パッケージツアー、または日本発の海外航空券をご成約いただいた場合)で、「成田空港お見送りヘリコプター」といった非日常的な移動手段は提供されるVIPなサービスもございます。

このように、ダイナースクラブカードは、サービスのクオリティ、ステータスなど総合的に見て、一般的なゴールドカード以上のものであると考えて良いです。しかも年会費は22,000円(税抜)となっており、サービスを考えますと比較的安いと感じます。(以前は15,000円でしたが)

難点としては上記のように総合的にハイクオリティcardであるため、入手するのが一般的なゴールドカードと比較すると難しいという点でしょうか。

ちなみに話しは変わりますが、昔興味があり、また、入会目安の年齢がわからず電話で問い合わせた際の応対レベルもありえない程に高かった記憶があります。

以前は33歳以上だったはずですが、現在は27歳以上が入会目安となっています。

このページを読んだ方がよく比較するカード

≫アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

このページのトップへ