三井住友VISAプライムゴールドカード

三井住友VISAプライムゴールドカード三井住友VISAプライムゴールドHP画像

年会費:税抜5,000円+税
国内旅行傷害保険・・・最高 5,000万円
海外旅行傷害保険・・・最高 5,000万円
入会資格:満20歳以上30歳未満で、ご本人に安定継続収入のある方
※30歳になった後、最初のcard更新時よりゴールドカードにランクアップ

公式サイト三井住友VISAプライムゴールドカード

おすすめポイント!

知名度と信頼度の高い三井住友カード株式会社が発行している20代向けのゴールドカードです。似たカードにヤングゴールド20s(新規募集終了)がございますが、さらにワンランク上のサービス内容になっています。

以下にお勧めポイントと他の20代向けカードとの違い、比較を挙げます。

・初年度年会費無料
・空港ラウンジサービス無料利用可能
・旅行傷害保険が通常ゴールド並に充実
・支払い方法の指定により翌年も年会費割引有り

まず、20代向けのゴールドカードであるにも関わらず、付帯保険の充実(海外・国内旅行傷害保険最高5000万円)しています。それに加え、全国の主要都市で空港ラウンジが無料利用可能です。

通常の三井住友VISAゴールドカードとほぼ同等のレベルで年会費が半額ということになります。

また、初年度年会費無料、支払い方法の指定およびサービスお申し込みにより、翌年度以降の年会費割引が適用となります。

20代の間にプライムゴールドを所有しておけば、30歳となった後に一般的なゴールドカードにランクアップされますので、うまく割引適用などを利用しながら年数が経過すればお得にスムーズに「さらにワンランク上のステータス」を手に入れることが出来るでしょう。

同じく20代向けのカードである、三井住友VISAヤングゴールド20sとの比較ですが、上記のように付帯保険と空港ラウンジサービスに違いがあります。

※ヤングゴールドカード20sの新規募集は終了しました。

※また、18歳から25歳の方限定のデビュープラスというカードも登場しております。(一般カード)

参考:三井住友VISAデビュープラスカード

プライムゴールドカードとデビュープラスの違いは多い(サービスの質など)とは言え、満26歳になった後の最初の更新時よりプライムゴールドカードへと切り替わるため、20代になりたての方などは三井住友VISAデビュープラスカードから検討しても良いかと思います。※初めてカードを持つ方には最適な1枚。

いずれにしても、三井住友の知名度とステータスは得ることが可能です。自分のライフスタイルに合う形で見比べて検討してみると良いでしょう。

20代向けのプライムゴールドカードと一般カードの通常年会費の差は大きいです。

しかしながら、プライムゴールドも初年度無料ですし、翌年度も割引適用がございます。上手に利用すれば、質が高い上にお得な1枚になります。

そのため、空港ラウンジサービスも利用したり、付帯保険の充実と、ワンランク上のサービスを20代から高いレベルを求める方には、三井住友VISAプライムゴールドカードは当サイトではお勧めの1枚です。

詳しい情報は、三井住友VISAカード 公式WEBサイトでも確認して下さい。

このページのトップへ