エポスゴールドカード

エポスゴールドカードnoimage

年会費:5,000円
国内旅行傷害保険・・・ー
海外旅行傷害保険・・・最高 1,000万円
お申込み対象:18歳以上の方(高校生を除く)
未成年の方は、カード発行に際し、親権者の了解が必要

公式サイト:
【エポスカード】

おすすめポイント!

エポスゴールドカードは、一言で言えば格安の年会費でワンランク上のサービス(空港ラウンジや専用レストラン・ホテル)が付加した若年層向けのゴールドカードです。

丸井(マルイ)での特典はもちろん、全体的な使い勝手も良好なcardです。

以下に具体的におすすめポイントを挙げます。また、今までの通常のエポスカードの特典はそのままです。

・通常年会費5,000円。さらに年間利用額が50万円以上で翌年以降永年無料
・永久ポイント
・空港ラウンジサービス有り
・ゴールド専用レストラン・ホテル優待
・状況により(ゴールド会員の中から選ばれた方)はプラチナカードへ案内の可能性有り

まず、年会費5,000円という安さに加え、年間利用額50万円以上で翌年以降年会費が無料になります。

このような条件が付いているカードはありますが、年間の利用額50万円ですのである意味比較的簡単に達成出来る条件とも言えます。月40,000円と少しを利用すれば50万円以上になります。

次の永久ポイントですが、ゴールドですとエポスポイントを有効期限のない永久ポイントとして利用できるようになります。

※2012年3月以前に期限切れとなってしまったポイントは対象外。

また、年間利用額に応じてボーナスポイントがプレゼントされます。50万以上(年間)で2500円相当(500エポスポイント)、100万以上(年間)で10000円相当(2000エポスポイント)

※相当額はマルイ(丸井)でのショッピング割引ご利用の場合。

これらは、上記で説明した年間の利用額50万以上で翌年以降の年会費が無料と繋がり、よりお得感が味わえます。カードはゴールドですのでコストパフォーマンスは良好です。

また、若年層向けゴールドは、空港ラウンジサービスが利用できないなど制限があることがありますが、エポスゴールドカードは国内の人気空港7空港+ハワイ・ホノルル国際空港と韓国・仁川国際空港のラウンジが無料利用出来ます。

次に、ゴールドカード専用のレストラン・ホテルの優待ですが、東京・大阪・神戸の人気のレストラン、カフェ、ダイニング、約70店舗でエポスゴールドカードの優待メニューが用意されます。

ホテルとしては、例えば品川プリンスホテル、帝国ホテル大阪、横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズなどで優待サービスが用意されるなどゴールドならではのサービスが受けられます。

そして、エポスゴールドカードを利用中の会員の中から選ばれた方は、エポスプラチナカードへ案内される可能性があります

このプラチナカードは、年会費20,000円と格安ながらさらに上級のカード(誰でも持てるものではない)になります。ですので、最終的にプラチナカードを目指したい方にとっても最適な1枚であると言えるでしょう。

エポスカード→ゴールド→プラチナと段階的にコツコツ実績を積みながら上を目指すという意味でも効率も良いです。

最後にエポスゴールドカードのデメリット面ですが、やはり付帯保険は少々見劣りします。

年会費は5,000円、やり方次第で無料に出来るとは言え、他の格安の年会費のゴールドと比較しても見劣り感は否めません。

但し、ある程度の割り切りや、自分の目的やライフスタイルと照らし合わせた場合、最適な1枚となりうる充実したサービスも上記のようにあります。特に20代、若年層の方にとっては検討の余地は十分にあるカードだと言えるでしょう。

※さらに具体的な情報は、エポスゴールドカードのメリットとデメリットのページも参考にしてみて下さい。

このページのトップへ