銀聯(ぎんれん)カードの発行なら

銀聯(ぎんれん)カードの発行なら銀聯マークの写真

銀聯カードは、主に中国を中心として世界的に拡大している中国銀聯のオンライン決済システムのことで、特に中国(中華人民共和国)では有名なブランド&非常に使い勝手が良いカードです。

中国での加盟店は、大都市はもちろんのこと地方都市まで多数あり、中国国内で最も利用頻度の高いカードとしても知られています。

(現状、VISA、MasterCard以上に使える店舗が多いです。)

このことから考えても、もはや中国人にとってはなくてはならないツールとも言えるものです。

逆を言えばこの銀聯カードは、日本からの中国出張や旅行の際に、大変便利なアイテムともなります。

※もちろん、上記の写真(マーク)のように日本でも加盟店がありますし、海外でも使えるお店はある程度ございます。また、中国富裕層の来日も多くなっている今、日本での加盟店も増えています。

上記の銀聯カードですが、日本でも発行することは可能です。

中国へよく行く方はもちろん、今後予定(旅行含め)がある方は事前にチェックして所有しておくことをおすすめいたします。

以下に簡単に説明します。

ゴールドカードとして考えた場合、まずMUFG銀聯カードがございます。

お申込対象は、「三菱UFJニコスが発行するMUFGカードをお持ちの方」となります。

利用方法は、加盟店で銀聯カードを提示する形ですので、クレジットカードと同様です。

現在MUFGカードを所有していない方は、まずはMUFGのクレジットカードを申し込む必要があります。(自動付帯ではありません)その後、銀聯カードの申込が可能になります。

MUFG銀聯カードの特徴としましては、海外銀聯加盟店でのショッピングについて基本ポイントが通常の2倍、海外アシスタンスサービスの窓口「ハローデスク」が用意されます。(上海と北京)

新規発行手数料は本会員は1,000円(税別)となっております。

当サイトでも紹介しているMUFGカードゴールドであれば、年会費1,905円(税抜)ですのでおトクですが、空港ラウンジを利用したい場合は、プレステージ(年会費10,000円)を選ぶと良いでしょう。

次に、三井住友VISAカードでも銀聯カードの発行が可能です。

MUFGとの違いとしましては、三井住友の場合、三井住友VISAカードなどをお持ちでなくとも銀聯カードのみ申込OKな点です。つまり、ピンポイントで申込可能です。
利用方法は、MUFG同様、一般的なクレジットカードのように提示して使用するタイプです。

年会費は永年無料、発行手数料は通常:税抜2,000円+税ですが、現在キャンペーン中で無料となっております。5年後の更新の際は、別途・本会員「税抜1000円+税」の手数料がかかります。

入会資格は満18歳以上(高校生除く)で、家族カードも追加可能です。

カードデザインは2種類から選ぶことが可能で、1つはパンダのイラストと親近感のあるユニークなデザインです。

中国渡航をお考えの方は、上記の2枚を比較して選ぶと良いでしょう。

既にMUFGカードをお持ちであればMUFG銀聯はスムーズですし、それ以外のゴールドカードや一般カードを所有している方であれば、三井住友銀聯カードが申込しやすく使い勝手が良いです。 (銀聯カードのみをピンポイントで申し込めるため)

なお、三井住友と提携により発行されるの九州銀聯は、九州カードが発行するVISAカードまたはMasterCard(MUFGカードを除く)をお持ちの方が対象です。

このページのトップへ