プラチナ・ブラックカード

プラチナカード・ブラックカードとはプラチナカード画像

一般カードよりもゴールドカードの方がサービスに優れ一定のステータスがあるのと同様に、そのゴールドのさらに上を行くハイクラスカードがあります。

それは巷で噂のプラチナカードと言われるものです。

プラチナカードの多くは基本的には招待制(インビテーション)ですが、ここ最近では審査に通過すれば持てるというカードも登場しており、より上質なサービス&ステータスを得たい方にとっては、注目の稀少カードと言えます。

ゴールドと違い、プラチナのサービスの詳細はベールに包まれている部分が多いのですが、間違いなく上級のサービスを受けることが期待出来ます。

わかる範囲では、数十万するであろうホテルのスイートルームやレストランへの招待特典、世界600カ国以上の空港ラウンジで使用可能なプライオリティパスの登録、専用コンシエルジュなどが挙げられます。

もちろん、旅行傷害保険などの付帯も分厚く、言えることとしましてはゴールド以上に「まさに厳選され選ばれた会員に上級のサービスが提供されるクレジットカード」と言えるでしょう。

招待制のカードは招待がなければ持てないのはもちろんのこと、審査制のプラチナも、ゴールドカードとはレベルの違う審査基準で、そう簡単に入手出来るものではないのです。

ここでは、そんなハイクラスなプラチナカードを以下に紹介いたします。

・プラチナカード(アメリカン・エキスプレス)
・MUFGカードプラチナ・アメリカン・エキスプレス
・三井住友プラチナカード
・シティセレクトVISAプラチナカード
・SBIプラチナカード
・セゾンプラチナアメックス

この中で、最もコストパフォーマンスが良いと言えるのが、年会費21,000円と破格の価格のMUFGプラチナとセゾンプラチナアメックスになります。

この2枚を除いては、年会費は31,500円~おそらく105,000円と基本的に非常に高額となっております。

意外にも様々なものがありますが、最も上級なカードは一番上のアメリカン・エキスプレス(プラチナ)になるでしょう。

ただ、リーズナブルなものから高額なものまでいずれの場合も、上記で記載したようにわかる範囲でもハイクラスなサービスは約束されます。

こう見ていきますと、ゴールド以上のプラチナは、もはやクレジットカードの中の最上級とも言えそうですが、この上をいく究極的なカードが実は存在します。

それが「ブラックカード」と言われるものです。ブラックカードイメージ

プラチナ同様に謎につつまれており、やはり招待制です。

しかしブラックカードと言われるカードになりますと、自分自身が所有しているか、所有している方が身近にいるかなどでなければ、その詳細が全くわかりません。

実際、アメックス最上級だと思われるアメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードなどのHPへアクセスしても、詳細はわかりません。 (会員さま限定のサイトですなどと記されている)

このページのトップへ