ゴールドカード取得方法と審査

ゴールドカード取得方法と審査

ゴールドカードの取得方法には、「一般カードで実績を作り招待される方法、新規に申し込む方法、家族で既に持っている方がいる場合家族カードを作って貰う」という方法があります。

3番目の家族カードは自分専用ではありませんが、ゴールドカードに違いありません。

カードの取得には、ある程度のレベル(通常は一般カード以上)の審査に通過する必要があります。(家族会員は別)

但し、昔と比較すると、様々なゴールドカードの登場(20代向け&年会費格安カードなど)により、入手の幅が広がっています。

一般的には、「年齢は30歳以上で年収は概ね400万~600万以上」ということがよく言われていますが、今や一概にもそういうわけではなくなってきました。個人的感覚ではそれより下がっていると感じています。

もちろん、一般カードと比較すると依然取得が難しいのは事実ですが、様々なゴールドカードの登場により、その水準が昔と比べて下がっているという意味です。

現に、20代の知人(自営業)や、年収400万前後の知人が審査に通過していたりするからです。

というのも、年収はもちろん、年齢や職業、勤務先、または在籍年数や他借入状況、遅延状況の有無状態などで総合的に判断しているという基本部分については変わらないものの、より具体的な基準というものはカード会社によって違います。

独自審査などということも聞きますが、各カード会社によって異なるものになっています。

例えば、A会社では審査に通らない状態でもB会社では審査に通るという感じです。

また、一昔前ですと、基本的に20代では取得自体が難しいのはもちろん、自営業(事業開始したばかりなど)の場合、一流企業に勤めるサラリーマンと比較すると、審査クリアが若干難しく不利でした。

最近でも自営業(会社経営含む)は初期段階では多少不利とはいえ、年収や利用実績、経営状態、経営期間などのクオリティが高い場合は、逆に有利になる場合さえありえると思います。(あくまでも個人的に思うという意味です)

現に、ゴールド以上のプラチナまたはブラックカードという最上級カードを所有している方は、そういった方(経営者や有名人など)ばかりだと言うことから考えても、予想しやすいと思います。

ただ、具体的な審査基準がわからない状況ですのであくまでも予想ということになりますが、一つ言えるのは、ゴールドカード自体の取得は以前と比較すると、ある程度簡単になってきているということです。(※カードによります)

また、「20代だから」とか、「自営業者だから」とかという部分についても、一定の安定収入もしくは水準レベル以上の年収を誇る場合は、その限りではなくなっています。

20代向けのヤングカード、またはゴールド以上のプラチナ、ブラックカードというものが存在していますので、現状は昔と少し変わり上記のような状況となりつつあります。

最後に、各カード会社で入会目安(条件や対象)というものを見ることが出来ますが、こちらは本当に目安という程度のものと個人的には思います。ただ、一般的には最初の判断目安となりますので、各会社の情報はじっくり見ておくと良いと思います。

詳細は、左メニューのゴールドカード一覧で各カードごとに記載致しますので参考にしてみてください。

ちなみに上で書きました知人(20代自営業)は、アメックスのゴールドカードを取得していました。審査はアメリカン・エキスプレス所定の審査となっておりますのでつまり独自審査というわけです。

あくまでも人それぞれだと思いますが、アメリカン・エキスプレスのゴールドカードはステータスとサービス両方の質がとても高いので、お薦めしたいカードの一つです。

今月のお得情報

三井住友VISAゴールドカードネット限定新規入会キャンペーン中です!

初年度年会費無料&最大10,500円分プレゼントなど[~9/29]

※また、新社会人・初めてカードを持つ学生の方は、満26歳になった後の更新時にプライムゴールドカードへ切り替わる「デビュープラスカード」がオススメです。[TVCMでお馴染み!]

このページのトップへ