学生向けカードなら

学生向けカードなら

学生のイメージ

トップページや、20代向けカードのページでも説明しましたが、今の時代は比較的手軽にゴールドカードを持つことが出来ます。(一昔前と比較して)

庶民派と呼ばれる年会費の安いゴールドや、入会資格の緩和などがあったためです。

もちろん、カードによっては得られるサービスが一部制限されたりするのですが、ゴールドカード自体は申込可能な場合が多いです。

つまり、入会資格があれば学生でも申し込むこと自体は可能です。

※学生を除くというカードもあります。事前に入会資格をチェックしましょう。

20代向けカードを比較のページと一部重複しますが、ここでは学生でも申込可能なカードを以下にまとめて紹介します。周囲の知人に聞いた体験談や、実際にカード会社へ電話で問い合わせて確認しました。※2014年時点の情報です。

※学生でも申込可能とは仕事をしていて収入があることが前提です。卒業予定で内定先が決まっている場合なども含まれます。20代向けや学生でも収入が全くない場合は基本的には難しいです。(家族カードであれば持てることもある)

学生の方におすすめなゴールドカード(一部一般カード含む)

オススメはJCBGOLDEXTAGEシティエリートカードです。理由としては付帯保険が充実している上に空港ラウンジも利用可能だからです。

上でも書きましたように若年層向けゴールドは一部サービスが制限されたりすることがあるのですが、上記2枚は制限があまりないです。つまり、普通のゴールドカード並のクオリティです。

この他には、三井住友VISAプライムゴールドは質が高く、20代の方にもとてもオススメなゴールドなのですが、学生の方であれば三井住友VISAデビュープラスカードが良いでしょう。(プライムゴールドカードは学生では難しいため)

こちらはゴールドカードではないのですが、満26歳以降最初のカード更新時にプライムゴールドカードへ自動ランクアップします。

つまり、学生の間はデビュープラスカードを利用し、卒業後は無駄な手間もなくゴールドカードが利用出来るというわけです。(もちろん、クラッシックカードへの切り替えも出来ます。)

その他では、一部サービスの制限があるとは言え、セディナカードゴールドや、UCカードヤングゴールドも学生でも申込可能で比較的バランスの取れたカードです。

UCカードヤングに関しては付帯保険は最大3,000万円ではあるのですが、会員専用空港ラウンジが利用可能です。

※上記は学生でも収入があれば申込は可能ということで挙げましたが、審査がありますので必ず持てるというわけではありません。また、詳細は各カード会社の公式サイトでもご確認下さい。

このページのトップへ